メールウィルスチェックサービス

サービス案内 よくある質問 サービス開始前からご利用の方へ
KCT-Netでは、KCT-Net会員が送信、受信されるメールがウィルス感染していないかをチェックしています。
ウィルスの危険性
ウィルスはどこから感染するの?
  • 感染もとの90%が、メールによるものと言われています。(情報処理振興事業協会調べ)
感染したらどうなるの?
  • パソコン内のデータの改竄(かいざん)や破壊、さらには他のパソコン、ネットワークの破壊の原因となります。
  • 常時インターネット接続の環境では、他のパソコンへの不正侵入や不正行為の踏み台となり、知らないうちにあなたが犯罪や迷惑行為の加害者になる危険があります。
サービスの特徴
無料
  • サービスに要する費用はKCT-Netで負担します。
申込不要
  • すべてのメールにウィルスチェックをかけますので、利用申込は必要ありません。
新種のウィルスが発生しても、自動的に対応
  • 随時ウィルス定義ファイルの更新をしているので、新種のウィルスにもすばやく対応します。
クライアントによる違いなし
  • KCT-Netのサーバ側でのチェックをするので、KCT-Net会員のパソコン機種、性能、OS、メールソフトによる違いはありません。
注意事項
ウィルスチェックできないもの
  • KCT-Netのメールサーバ(SMTPサーバ、POPサーバ)以外のメール送受信にはメールウィルスチェックはできません。
ウィルスへの対応
  • ウィルス定義ファイルに対応していない新種ウィルスには対応できません。
  • このサービスではメールに添付したウィルスチェックのみを行いますので、インターネットからのファイルダウンロード、ホームページ閲覧、メディア(フロッピーディスク、CD-ROM等)からのウィルス感染には対処できません。 これらのウィルス対策は、KCT-Netセキュリティサービス のウィルスチェックソフトをご利用ください。
サービス期間
  • このサービスはメールウィルスチェックASPの提供会社と契約して利用しています。契約変更によってサービス内容が変更する場合がございます。


ページの先頭へ