接続設定マニュアル
Windows XP オンラインマニュアル Windows Vista オンラインマニュアル
Windows 7(Windows Live メール) オンラインマニュアル Windows 7(Windows Live メール 2011) オンラインマニュアル
Windows 8(Windows Live メール 2012) オンラインマニュアル Mac OS Xオンラインマニュアル

印刷する(PDF)

STEP3 メールの設定をする

STEP3 メールの設定をする

3-1 メールソフトの設定

Windows Live メール 2011の場合

1. [スタート] メニューから[Windows Live メール]をクリックします。


2. メニューバーの[アカウント]タブをクリックします。

3. [アカウント]画面が表示されますので、[電子メール]をクリックします。

4. 「自分の電子メールアカウントを追加する」画面が表示されますので、『登録内容のお知らせ』に記載されている[電子メール]、[パスワード]を入力します。
5. [パスワードを保存する]にチェックを入れます。

表示名とは、電子メールを送った際に相手側に差出人として表示される名前です。
ご自分の名前やニックネームを入力します。

6. [手動でサーバー設定を構成する]にチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

7. 「サーバー設定を構成」画面が表示されますので、『登録内容のお知らせ』に記載されている[POP サーバ]を[受信サーバー情報]に、[アカウント名]を[ログインユーザー名]に、[SMTP サーバ]を[送信サーバー情報]に、それぞれ入力します。
8. [次へ]をクリックします。

9. 「電子メールアカウントを追加する」画面が表示されますので、[完了]をクリックします。

届いた電子メールは、サーバー上にコピーが保存される設定になっています。メールが溜まってくると受信が遅くなるほか、サーバーへの負荷の原因になりますので、サーバー上にメールのコピーを残さない設定へ変更されることをお奨めします。
先ほど作成した設定の上で右クリックをし、[プロパティ]のところで左クリックします。
「プロパティ」画面が開きますので、[詳細設定]タブをクリックし、[サーバーにメッセージのコピーを置く]のチェックを外します。

受信、送信済み、下書き、ごみ箱トレイのメールは、アカウント設定を削除すると同時に削除されますので、保存フォルダに保存することをお奨めします。
メニューバーの[表示]タブをクリックし、[保存フォルダー]をクリックします。
保存フォルダーが表示されます。

印刷する(PDF)

Adobe Readerダウンロードページへ
pdfファイルをご覧になるにはAdobe Readerがインストールされている必要があります。

ページの先頭へ
STEP1 接続の準備をする STEP2 パソコンの設定をする