ネットワーク技術情報
2006/04/21
NTPサーバ公開(実験サービス)のお知らせ
KCT-Netでは、この度NTPサーバを試験的に公開運用させていただくことになりました。

当社の正式なサービスではございませんので、動作が不安定になることや予告なく機能が停止する場合がございます。あらかじめご了承ください。

NTPとは?
Network Time Protocol の略で、インターネット上の機器間で正確な時刻情報を定期的に同期するプロトコルです。 パソコンにNTPサーバを設定することで、定期的にパソコンの内部時計の狂いを自動修正してくれます。
NTPサーバ名
  • ntp1.kct.ad.jp  211.125.115.221
  • ntp4.kct.ad.jp  211.125.115.81
ご利用方法
WindowsXPの場合
 OSに標準で NTPクライアントソフトが実装されています。
  1. タスクバーにある時計をダブルクリックし、「日付と時刻のプロパティ」画面を開きます。
  2. 「インターネット時刻」タブを開きます。
  3. 「自動的にインターネット時刻サーバーと同期する」にチェックを入れます。
  4. 「サーバー」欄に上記のNTPサーバ名を入力し、「今すぐ更新」ボタンをクリックします。
  5. 「時刻は正常に [時間] に [NTPサーバ名] と同期しました。」と表示されたら完了です。
WindowsXP以外(98,Me、NT、2000)の場合
NTPクライアントソフトが必要です。多数のフリーソフトが存在しますので、お客様にてご入手ください。 下記で代表的なソフト「桜時計」の設定を紹介します。

桜時計
  1. 桜時計を起動します。
  2. タスクバーの桜時計のアイコンを右クリックして、「設定」をクリックします。
  3. 「NTPサーバ名/IPアドレス」に上記のNTPサーバ名を入力します。
  4. 以後パソコン起動時に常駐させるには、「起動時にオンラインにする」にチェックします。
  5. ウィンドウ下の「オンライン」ボタンをクリックします。
Macintoshの場合
MacOS8.6以降では、NTPクライアントソフトが実装されています。
  1. 「アップルマーク」→「コントロールパネル」→「日付&時刻」と開きます。
  2. 「ネットワークタイムサーバを使用する」にクリックします。
  3. 「サーバオプション」を選択します。
  4. 「タイムサーバ」→「編集リスト」→「追加」と開きます。
  5. 「記述名」(なんでも構いません)、「サーバアドレス」(上記のNTPサーバ名) を入力します。
  6. 「OK」をクリックします。
    詳しい設定方法は、MacOSの取扱説明をご参考ください
ご注意
  • 当NTPサーバはKCT-Net回線でのみご利用いただけます。
  • 当社の正式なサービスではございませんので、動作が不安定になることや予告なく機能が停止する場合がございます。
ページの先頭へ