KCT-Net外からメールを送信する方法

接続設定マニュアルに記載されている方法では、KCT-Net外からメールを送信することができません。 KCT-Net外からメールを送信するには、以下の設定をする必要があります。 (ビジネスタイプで独自ドメインをご利用のお客様は、お問い合わせください。) なお、smtp-authをご利用の場合、メールの送信サイズは最大10MBとなりますのでご了承ください。

利用に必要な情報は以下の通りです。

使用プロトコルSMTP-AUTH
サーバ名smtp-auth.kct.ne.jp
ポート番号587
TLS(SSL)使用する
認証方式PLAIN または LOGIN
ユーザ名会員証のメールアドレス
パスワードメールパスワード

設定方法

Outlook Express/Windows Mail の場合

  1. 「ツール(T)」メニューから「アカウント(A)...」を選びます。
    account_select
  2. 「メール」タブで KCT-Netのメールアカウントを選び、「プロパティ」を押します。
    mail_select
  3. 下の二ヶ所を設定し、「設定(E)...」ボタンを押します。
    送信メール(SMTP) smtp-auth.kct.ne.jp
    このサーバーは認証が必要 チェック
    smtp_server
  4. 次のように設定します。設定できたら「OK」を押して閉じます。
    次のアカウントとパスワードでログインする チェック
    アカウント名 会員証のメールアドレス (※メールアドレス全体です)
    パスワード メールパスワード
    パスワードを保存する チェック
    send account
  5. 「詳細設定」タブで次のように設定し、「OK」を押して閉じます。
    送信メール(SMTP)(O): 587
    このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q) チェック
    send port
  6. 「閉じる」を押してアカウントを閉じます。設定は以上です。

Mac OS X の Mail.app の場合

  1. Mail.app を起動し、「Mail」メニューから「環境設定...」を選びます。
    settings
  2. KCT-Netのメールアカウントを選び、「送信メールサーバ(SMTP)」の欄で「サーバを追加...」を選びます。
    add_smtp_server
  3. 次のように設定します。設定できたら「OK」を押して閉じます。
    送信用メールサーバ smtp-auth.kct.ne.jp
    サーバのポート 587
    SSL(Secure Socket Layer)を使用 チェック
    認証 パスワード
    ユーザ名 会員証のメールアドレス (※メールアドレス全体です)
    パスワード メールパスワード
    send account
  4. 「保存」を押して保存します。設定は以上です。
    send port

Mozilla Thunderbird 3 の場合

  1. Thunderbird を起動し、「ツール(T)」メニューから「アカウント設定(S)...」を選びます。
  2. 左の一覧から「送信(SMTP)サーバ」をクリックし、右の「追加(D)...」をクリックします。
    account
    (画像をクリックすると拡大します。)
  3. 次のように設定します。
    説明 KCT-Net外からの送信用
    サーバ名 smtp-auth.kct.ne.jp
    ポート番号 587
    ユーザ名とパスワードを使用する チェックする
    ユーザ名 会員証のメールアドレス (※メールアドレス全体です)
    保護された認証を使用する チェックしない
    接続の保護 STARTTLS
    setting
  4. 「OK」を押して設定を閉じます。
  5. 左側の一覧から、KCT-Net外で使用するアカウントを選び、右下の「送信(SMTP)サーバ(U)」として 先ほど作成した設定を選択します。
    smtp-server
    (画像をクリックすると拡大します。)
  6. 「OK」をクリックして設定を閉じます。設定は以上です。
    ※パスワードは初回送信時に質問され、その際に保存することができます。 (パスワードを管理するには「ツール(T)」メニューの「オプション(O)...」で「セキュリティ」を選び、 「パスワード」タブをクリックします。)
(2010/02/09)
ページの先頭へ