ユーザーサポート Q&A
Q&A
「ケーブルプラス電話」とは NTT回線からの切り替え
サービス内容・お申込に関して その他
Q&A-サービス内容・お申込に関して
Q なぜ安くなるのでしょうか?
A 今までは、マイラインなどで選択した中継電話会社とNTT西日本の通信設備を介して電話をつなぐため、NTT西日本の基本料と中継電話会社へのお支払いが発生しておりました。 ケーブルプラス電話では、NTT西日本の加入電話回線に相当する部分をケーブルテレビ各社との提携により提供するため、従来より安い基本料を実現しました。 また、通話料についても中継電話網にKDDI独自の高品質IPネットワークを用いることでコストダウンを図り、従来より安くシンプルな料金体系を実現しております。
Q ケーブルプラス電話加入者同士の通話は無料になるのですか?
A ケーブルプラス電話同士の通話料は無料です。
Q 対象ユーザは?
A KCTのサービス提供地域の居住者の方がご利用になれます。 ケーブルプラス電話はご家庭向けのサービスとなっております。 このため、代表組みやダイヤルインサービス相当の法人向けサービスはありません。 また電話帳の掲載、104番号案内につきましてはお申し込みいただいたご契約者名で、かつ個人名のみとなります。 電話帳はハローページ (個人名編) のみの掲載となりますので予めご承知いただきご加入ください。
Q 電話サービスだけの加入はできますか?
A 可能です。
Q お申し込みから開通まではどのくらいかかりますか?
A 書類不備などのない場合、通常2〜3週間で開通することを予定しております。

※多数のお客さまからのお申込みをいただいた場合などは、ご利用開始まで 1〜2ヶ月程度かかる場合があります。
※エリア内であっても設備の都合によりご利用になれないことがあります。
ページの先頭へ
Q 品質などは問題ありませんか?
A ケーブルプラス電話はKDDIの高品質なIPネットワークを活用した電話サービスです。 従来の電話と遜色ない通話品質・安定性を実現し、緊急通報も可能と致しました。

※総務省の定める086、0866、0863などで始まる電話番号 (0AB〜J番号) の電話サービスを提供する基準を満たしております。
Q 通話のセキュリティは確保されていますか?
A 最新のセキュリティ技術を用いてサービスの安全性を確保しております。
Q サービス利用に必要なものは? (機器類)
A ケーブルプラス電話をご利用いただくために必要な宅内機器 (電話機能付ケーブルモデム:EMTA) をご用意します (毎月のご利用料金は月額基本料に含まれます) 。

※弊社にて新規ご加入時の設置及び解約時の撤去工事を行ないます。
Q 電話機を交換する必要はありますか? (専用の電話機は必要ですか?)
A 必要ありません。モジュラージャックへの接続端子があれば、一部の電話機 (ISDN専用電話機、電話機能付インターフォンなど) を除き現状ご利用の電話機をお使いいただけます。

※ケーブルプラス電話専用の宅内機器 (電話機能付ケーブルモデム) と接続された電話機からのみご利用いただけます。
Q 電話番号の指定はできますか?
A 番号ポータビリティをご利用になられない場合、KDDIより新たに市外局番から始まる電話番号をご提供致しますが、電話番号の指定はできません。
ページの先頭へ
Q ナンバー・ディスプレイへの対応は?
A 付加サービスの「発信番号表示」 (オプション有料400円/月(税抜)) をご利用ください。 (「ナンバー・ディスプレイ」対応の電話機が必要です。)
Q 電話番号の追加はできますか?
A 一契約で複数の電話番号をご利用いただくことはできません。
Q ケーブルプラス電話の専用宅内機器と電話機の設置場所が離れている場合は?
A ケーブルプラス電話の専用宅内機器(電話機能付ケーブルモデム)と電話機の設置場所が離れている場合には、接続する電話ケーブルを延長いただくことでご利用が可能です。 (必要な長さの電話ケーブルはお客様側でご用意ください。)
Q 一時休止は可能ですか?
A 一時休止の扱いはありませんが、サービスを中断いただくことは可能です。ただし、中断の期間においても月額料金が発生致します。
Q 解約の手続きは? (解約に関して)
A 弊社のカスタマーセンターにご連絡ください。お客様から直接KDDIにご連絡をされる解約手続きはできません。
ページの先頭へ
Q 通話料金の計算方法は?
A 市内および県内の市外通話は3分ごとに8円 (税抜) 、県外通話は3分ごとに15円 (税抜) の3分通話ごとの課金となります。
携帯電話、国際通話は1分通話ごとの課金となります。
(例)
市内・県内市外通話 8円/3分 (税抜)
県外通話 15円/3分 (税抜)
au・ツーカー携帯電話宛 15.5円/1分 (税抜)
au・ツーカー以外の携帯電話宛 16円/1分 (税抜)
国際電話 米国本土宛 9円/1分 (免税)
※実際の請求は、税抜き額の合計から税率換算し、端数切捨ての上、ご請求いたしますので、記載表示額の合計とは異なる場合があります。予めご了承ください。
※ツーカー携帯電話宛の通話料は、着信者がツーカー提供エリア内にいる場合に適用されます。
Q 通話明細サービスはありますか?
A 通話明細はインターネット上からご確認いただけます。 【セルフページ(ここをクリック)】
なお、ご希望者に月額100円 (税抜)で紙面による通話明細を提供します。お申込みは、弊社のカスタマーセンターにご連絡ください。

※通話明細書は、弊社の請求書とは別送になります。KDDIからお客さま (契約者) に直接送付します。
Q 電話の利用方法 (ダイヤルのしかた)
A 通常のダイヤル方法と変わりません。 (ただし、現在のダイヤル方法が以下に該当する場合はご注意ください。)

※ISDN特有のダイヤル方法 (相手先電話番号に「*」を付けてダイヤルするなど) ではご利用いただけません。
※相手先電話番号に事業者識別番号 (0033など) を付与しての他社電話サービスはご利用いただけません。 (ケーブルプラス電話の発信となり、ケーブルプラス電話通話料金が適用されます。)
Q 海外の携帯電話への通話
A 010+国番号+相手の携帯電話番号 (最初の0を除く) で電話をかけることができます。
Q 割込通話 (キャッチホン) はできますか?
A 付加サービスにて「割込通話」サービス (オプション有料: 300円/月(税込315円/月)) をご用意しております。 キャッチホン同様に通話中に別の相手から着信があった場合に、後からかけてきた相手と通話ができます。

※上記の括弧内の名称は、一般に各社の商標または登録商標です。
ページの先頭へ
Q ACR/LCR機能内蔵の電話機 (アダプタなど) を利用できますか?
A ACR機能付き電話機でACR機能が作動している場合は、機能を停止してご利用されることをお奨め致します。 電話機の取り扱い説明書などを確認の上、機能を停止してご利用ください。 相手先電話番号に事業者識別番号 (0033など) を付与してのダイヤルした場合、ケーブルプラス電話の発信となり、ケーブルプラス電話通話料金が適用されます。
Q ケーブルプラス電話の専用宅内機器に複数の電話機を接続して利用できますか?
A ケーブルプラス電話の専用宅内機器 (電話機能付ケーブルモデム:EMTA) に、複数台の電話機を接続することはお勧めできません。サポート対象外となります。
Q 新規に電話をひくことができますか?
A 可能です。ただし、別途、新設工事費などが必要となります。電話番号はKDDIより新たに市外局番から始まる電話番号をご提供致します。
Q ダイヤルアップによるインターネット接続は利用できますか?
A ダイヤルアップによるインターネット接続については接続される電話番号によりご利用いただけないことがあります。「00XY」で始まる (全国共通) アクセス番号などがご利用いただけなくなります。

※モデム通信については、お客さまの宅内環境、通信機器、回線状況の影響を受けることがあります。
Q ADSLは利用できますか?
A ご利用いただけません。
ページの先頭へ
Q インターネット利用中に電話は利用できますか?
A 弊社のインターネット接続サービスをご利用中の場合には、同時に電話を利用することが可能です。

※他社ダイヤルアップ接続との同時利用はできません。
Q パソコンがありません。ケーブルプラス電話を利用するにはパソコンが必要ですか?
A パソコンをお持ちでなくてもご利用いただけます。
Q 停電の時にケーブルプラス電話は使えるの?
A 停電の場合はご利用いただけません。
Q アクセス番号 (事業者識別番号) を頭に付けてダイヤルした場合はどうなりますか?
A 市内・市外・携帯・国際の自動ダイヤルなど、ケーブルプラス電話で提供可能なサービスにつきましては事業者識別番号が付加された場合もKDDIのケーブルプラス電話サービスのご利用となり、その通話料金の適用となりますのでご注意ください。

※電話機のACR機能などで自動的にダイヤルされた場合も同様となります。
Q フリーダイヤルにはかけられますか?
A フリーダイヤルやナビダイヤル、KDDIのフリーコールなどは、これまで通りご利用いただけます。ただし、一部発信できない番号があります。
ページの先頭へ
Q FAX、モデム通信は利用できますか?
A FAX・モデム通信については、お客さまの宅内環境・通信機器・回線状況の影響を受けることがあります。

※FAXについてはおおむねご利用いただけますが、端末 (お客さま・通話相手先) によってご利用いただけない場合があります。
※ダイヤルアップによるインターネット接続の利用については接続先の電話番号によりご利用いただけないことがあります。
※信号監視通信サービスなどはご利用いただけません。(詳細はご契約の警備会社などにお問い合わせください。)
Q 110番(警察)や119番(消防)はかけられるのですか?
A ご利用いただけます。また「118」 (海上保安庁) への通話もできます。

※110番、119番非常通報装置が接続されている電話回線は本サービスにお申込みいただけません。 装置が設置されている回線がご不明な場合は、装置設置会社にお問い合わせ下さい。 (非常通報装置:非常ボタンを押すことにより110番や119番へ自動的に発信し、発信元の情報を自動音声で伝える装置のことです。)
Q 「113」 (電話の故障)、「116」 (電話の移転などお問い合わせ) はかけられますか?
A NTTの「113」「116」にはかけられません。電話回線の故障については「0120-021-337」、電話の移転については弊社までご連絡ください。
Q 「117」(時報) や「177」(天気予報) は使えますか?
A ご利用いただけます。 ただし、所定の通話料が発生します。天気予報の場合は「177」の前に市外局番を付けることで該当地域の天気予報を聞くことが可能です (該当市外局番の地域までの通話料がかかります)。
Q IP電話 (「050」) へかけられますか?
A ほぼすべてのIP電話サービス事業者との通話が可能です。
ページの先頭へ
Q どのような付加サービスを提供するのですか?
A ケーブルプラス電話では利用の多い付加サービスを用意しています。
割込通話 (キャッチホン)
発信番号表示 (ナンバー・ディスプレイ)
番号通知リクエスト (ナンバー・リクエスト)
割込番号表示 (キャッチホン・ディスプレイ)
迷惑電話撃退 (迷惑電話おことわりサービス)
着信転送 (※1)

※1 無条件転送、話中転送、スケジュール転送をご利用いただけます (NTT加入電話のボイスワープとは機能が異なります) 。
※上記括弧内の名称は、一般に各社の商標または登録商標です。
Q プッシュ信号 (プッシュ回線) が標準ということですが、ダイヤル式の電話機でも使えますか?
A はい、ご利用いただけます。
ページの先頭へ